色々な段差解消方法

福祉事業部の古藤です。

段差解消とは、居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各客間の段差、及び玄関から道路までの通路等の段差又は傾斜を解消。具体的に敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、床のかさ上げ等になります。

歩行が困難な方にとって段差は歩行の妨げになり、また事故やケガの危険にも繋がります。段差は日常生活の至る場所にあるため、それぞれの場所にあった段差解消方法の知識が必要です。

今回は段差解消についてご紹介したいと思います。段差には主に「またぎ段差」と「単純段差」があります。

単純段差とは

片側だけに段差がある“段違い”の状態のことです。片側だけでなくても、部屋の床仕上面との段差が5mm以下の場合は単純段差と見なします。玄関の上がりかまちや敷居のほかに、掃き出し窓や浴室などにみられます。

またぎ段差とは

床面が凸になっていて、またぎ越す必要がある段差です。

段差解消工事事例

上がりかまちの段差解消工事

日本の家屋のほとんどは建築基準法により床下の通気を図って地面からの湿気を防ぎ、居住者の健康を守るため、原則として直下の地面から45cm以上高くするように決められています。
そのため、上がり框の段差は歩行の際の大きな障壁となっています。
玄関台を設置することによって、転倒の危険性を軽減させることができます。

ミニスロープの段差解消工事

廊下から各部屋に入る際に段差が生じ転倒の危険性を伴います。ミニスロープを設置する事で転倒の危険性を軽減できます。また歩行器や車椅子等の移動をスムーズに行う事もできます。(敷居を撤去をする際にも介護保険対象となります。)

写真の例ではまたぎ段差を単純段差に変える事で転倒の危険性を軽減できます。

廊下から各部屋に入る際、敷居の段差で転倒する危険性があります。廊下のかさ上げをして転倒の危険性が軽減できます。

段差を緩くする為の段差解消工事

一段の高さを低くしさらに一段増やす事で転倒の危険性を解消

アプローチをモルタルでかさ上げ

車椅子走行の際、石段や砂利道の段差により走行が困難となるため、段差解消工事でアプローチを作成。狭い場所ではスロープを設置できない場合段差解消機の設置する工事においても介護保険の対象となります。

今回の例は一部になりますが家屋の状況では様々な段差があります。

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。

Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445