住改事例)手すり取付・段差解消工事

介護保険制度を使った住宅改修の事例をご紹介致します。
今回のお宅は勝手口からの出入りを頻繁にされますが転倒、転落の危険性が高い状況にあり安全に段差を行き来できるようにして欲しいとの相談がありました。

【施工前】

土間から居間への行き来を二段の踏み台と柱についている手すりを使用しL字方向に昇り降りされています。しかし、手すりの位置が限定されているため、昇る時は何とか手すりを使うことができますが、降りる時は補助するものがなく転倒や転落の危険があります。

【施工後】

今まではL字に昇降していたのを直線に昇降できるようにアプローチの方法を変更し、安全性を増すように両手すりとステップ台を取り付けました。

このように、段差についても均等な高さになるようオーダーメイドで制作できます。手すり間の幅や高さも利用される方に合わせて取り付けることができます。

介護保険制度の住宅改修

介護保険における住宅改修費補助金の受給が可能です。
要支援・要介護認定を受けている方が、改装をしていただくと、「手すりの取付、段差の解消」に該当します。
設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。
Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445