住宅改修事例

福祉事業部の古藤です。
今回、ご相談があったお宅の介護保険を使った住宅改修の事例をご紹介致します。
現在入院中であった為、事前に訪問させて頂き、病院の方やケアマネジャーさんと退院後の環境について検討しました。

<玄 関>

改修前は手すりがなく、段差の登り下りや移動の際に転倒の危険性がありました。
改修後は手すりが付いた事で転倒の危険性がなくりまりました。

<浴 室>

浴室の入り口には、段差があります。また、浴室に移動する時に床面に水があると滑りやすいため、入り口部分に手すりを付けました。

浴槽内の出入りには一度、浴槽横のタイル部分に腰をかけます。また浴槽内からの立ち座りや出入りを安全に行う為L型の手すりを付けました。

<トイレ>

トイレでは便座からの立ち座りのをサポートするため便座前に横手すりを取り付けました。

介護保険住宅改修工事について、使用される方の状態や病状を確認しながら工事に入ります。気になる事や費用などの相談などありましたら、お気軽にご連絡下さい。