住宅改修(リフォーム)

住み慣れた自宅で安全にかつ介護しやすい環境にするため、住宅を改修する費用7〜9割が介護保険より支給される制度です。利用限度額は20万円。

病気やケガなどにより、何か頼りながらの移動になったり、今まで不便に感じていなかった小さな段差でも生活に支障が出てくることがあります。

そうした住み慣れた家の構造を安全で住みやすいように改修することで、転倒などの事故の予防につながり、自立度の向上を促せすことになります。

介護保険の対象となる住宅改修工事は以下項目になります。

1.手すりの取付け

廊下、トイレ、浴室、玄関等で転倒予防や移動、移乗等の動作を補助する目的とし取り付けます。

2.段差の解消

廊下、トイレ、浴室、玄関等の移動するときに支障となる段差や傾斜を解消します。(踏み台の取付けやスロープの設置、床嵩上げ等)

3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

居室や浴室などの材質が滑りやすいときに滑りにくい材質へ変更し、転倒予防につなげる工事です。また、車いす生活になったとき、円滑な移動が行えるように畳からフロアーへ変更したりできます。

4.引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸や折戸、アコーディオンカーテン等に取り替える工事です。開き戸を開く動作は後方へ後ずさりすることになり、その動作が転倒につながることがあります。そこで引き戸等へ取り替えスムーズな扉の開閉ができるようにします。

5.洋式便器等への便器の取り替え

和式便器から洋式便器等への取り替えが対象になります。高齢や病気によってあらゆる障害が生じたとき、しゃがむ動作、立ち座りする動作が困難となり、排泄動作の失敗につながったりします。洋式便器に取り替えることで排泄動作の自立につなげます。

6.その他、前記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

上記5項目の工事を行う上で付帯として出てくる工事になります。手すり取り付けに伴う下地補強、浴室床段差解消や洋式便器への取り替えに伴う給排水設備工事など。