<改修事例>2022年6月 浴室環境

福祉事業部の古藤です。

今回ご相談を頂いたお客様(要介護2の女性)はご家族付き添いのもと入浴されていましたが、身体機能低下に伴い転倒リスクやご家族の介護量大きくなってきているとの事でした。希望としては、これからもご本湯船に浸かりたいとの事です。
その為、ケアマネジャー、ご家族立ち会いのもと浴室の環境にて検討しました。

1、浴室内の移動を安全にしたい

改修前

改修後

浴室内移動はご家族の介助にて移動されます。階段部分横には脱衣室が設置してある事から、階段の昇り降りはご家族が介助し、シャワーチェアまでは手すりを伝って移動できるようよこ手すりを設置しました。

浴槽横には浴室から出る際の手がかりとして縦手すりを設置しています。

2、シャワーチェアからの立ち座りや、立位保持の安定。

改修前

改修後

これまでは出窓部分に手をかけ立ち座りや立位を保持していましたが不安定のため、横手すりを設置し安定性を高めました。

3、湯船に浸かりたい

浴槽は55cmと深く、洗い場と浴槽内の高低差も25cmあります。浴槽もタイル張りで囲っていることもあって立った状態では浴槽をまたぐ動作は困難でした。

そのため座って浴槽をまたげるバスボードの設置。足が底につかない事や立ち座りをサポートできる浴槽台を設置しました。

私たちは、ご利用者の住環境を整備することで、長く自宅生活を送れるよう支援している会社です。今回は、手すりの設置と福祉用具購入を併用した事例になります。
設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
Tel.0984-33-3444
Fax.0984-33-3445

【住環境改善事例】2022年5月

福祉事業部の古藤です。

今回ご相談頂いたお客様(女性:要介護Ⅰ)は掃き出し窓より外に出ようした際、転落された事がきっかけで骨折され入院されていました。

退院後は筋力や体力低下もあり、自宅生活が転倒なく過ごせるよう事前に病院のスタッフやご家族立ち合いのもと住環境について検討しました。

屋内移動について

屋内移動時の安定性を高める為、移動手段は歩行器を使用する事になりました。

このタイプの歩行器は座面にお盆を載せたり、洗濯物を載せて移動することができます。

住宅は段差が全くないフラットなので、段差解消は必要ありませんでした。

ハッピーミニ(レンタル)

ご利用者も小柄なので、幅50cmとコンパクトで屋内にて操作性、安定性のある歩行器を剪定しています。

外出について

外出は玄関を使いますが、上がりかまち段差が高い為、据え置きタイプの手すりを導入し、アプローチ部分には工事にて手すりを取付ける事になりました。

玄関用ベストサポート手すり(レンタル)

玄関のかまち部分に置くだけ簡易的に手すりが構築でき昇降動作をサポートします。

アプローチ手すり(住宅改修)

転落した縁側の吹き出し窓について

ご家族より今後は吹き出し窓からの外に出る事を禁止したいとの要望があり、転落防止の為手すりを取り付ける事になりました。

立ち上がり手すり(住宅改修)

縁側に支柱を立てて手すりを設置することもできます。

トイレ入り口から便器までの移動について

トイレ便器側の壁側には以前より設置したL型の手すりが、設置されていましたが、トイレ入口から70cm離れた場所にL字手すりがあるため、扉を開けて伝って移動できるように横手すりを取り付けました。

横手すり(住宅改修)

もともとのL字手すりは補強板に取り付けられていますが、今回はその補強板を活用して役物を取り付け、扉側(写真手前)は出幅調整ができる役物を使って間柱に設置し、出幅を調整しています。

私たちは、ご利用者の住環境を整備することで、長く自宅生活を送れるよう支援している会社です。手すり1本つけるだけで、今まで困りごとが解決することもあります。

今回のケースでは、手すりの設置などの住宅改修とレンタルを併用した住環境整備事例でした。レンタルは身体状況が変化した時に入れ替えることもできるので、購入した時のような費用負担がありません。また、玄関の上がり框もレンタル品にすることで、不要な際は撤去することもできます。

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
Tel.0984-33-3444
Fax.0984-33-3445

<住改特集>玄関・勝手口

福祉事業部の古藤です。

玄関や勝手口は足が不自由な方にとって移動が難しい場所なので、負担を軽くするために手すりや段差解消工事が必要になります。

また使いづらい出入りだと外出が億劫となり家にこもりがちになってしまうという弊害が生じます。様々な玄関や勝手口がありますが今回はその一部を紹介します。

施工事例① 手すり

手すりの設置は家内外への移動負担を軽減する事ができます。とくに玄関や勝手口は段差があるため身体への負担が大きい場所です。

施工事例② 手すり+段差解消

日本の家屋のほとんどは建築基準法により床下の通気を図って地面からの湿気を防ぐ目的があるため、床面の高さは地面から45cm以上高くするように決められています。そのため、上がり框の段差は歩行の際の大きな障壁となっています。

住宅改修費補助金の受給対象です

手すりの取り付けや段差解消は、介護保険における住宅改修費補助金の受給対象です 。
介護保険の住宅改修についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

お問合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
tel. 0984-33-3444 / fax. 0984-33-3445

<住改特集>浴室手すり

福祉事業部の古藤です。

浴室や脱衣所では転倒事故を防ぐために手すりの取り付けが有効です。浴室ではわずか数cmの段差でも、大事故につながることもあります。

また、お風呂へつかるためには、浴槽を「またぐ」動作が必要になってきます。またぎ動作は片足立ちになるので、身体が不安定になってしまいます。ちょっとした移動も、高齢者には大きな負担になることがあります。

手すりを設置することで、万が一の転倒や転落を防ぎ、お風呂場での移動も補助します。安全に入浴するためにも、浴室内は数カ所つける事をおすすめします。

浴室内の移動手すり

縦手すり(脱衣側)

出入り口付近はドアの開閉や出入りの際など、身体のバランスをくずしやすい場所です。縦手すりは、設置すると身体を支えることができるので安心です。

縦手すり(浴室側)

水にぬれた浴室の出入口はすべりやすい場所です。脱衣所と浴室の出入り口には段差がある場合も多くあります。手すりを設置することで転倒を防止し、段差も楽に乗り越えることができます。

写真の手すりはオフセットと言うタイプの手すりで、扉近くに握り部が位置する形状のため、握りやすく、しっかり身体を支えながら浴室への出入りが行えます 。

移動用横手すり

滑りやすい洗い場では、横手すりを設置すると、浴室内を安全に移動することができます。手すりの基本的な高さは750~850mmです。ご使用者の体形に合わせた高さに設定します。

浴槽またぎ手すり

L字手すり

浴槽をまたいで出入りする際は、身体のバランスを崩しやすく不安定な状態となります。浴槽のフチの真上に縦手すりを設置すると、身体を支えてくれるので安全に浴槽に出入りすることができます。
浴槽ふちに取り付ける浴槽手すりもあります。

浴槽内立ち座り手すり

L型手すりを設置すると浴槽内での立ち座りが楽に行えます。また、横手すりは入浴姿勢を安定させ、また、浴槽内の移動時に使用できるので安心して入浴できます。

住宅改修費補助金の受給対象です

手すりの取り付けは介護保険における住宅改修費補助金の受給対象です 。
介護保険の住宅改修についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

お問合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
tel. 0984-33-3444 / fax. 0984-33-3445

【改修事例】2022年4月

福祉事業部の古藤です。

今回ご相談を頂いたお客様は加齢に伴う筋力低下があり、転倒された事がきっかけで自宅の環境を整えたいとのご相談です。

  1. 勝手口の段差が32cmと高く、昇降動作では安定感がありません。
  2. 居間からの出入り時の段差30cmを何とかしたい。
  3. 夜間トイレに行くときに転倒したことがある。

勝手口

改修前

勝手口の上がり框が高く、また手がかりがなく不安定な状況でした。

改修後

壁に手すり、土間に高さ16cmステップ台を取り付ける事で安定して昇り降りが出来るようになりました。

掃き出し窓

改修前

この掃き出し窓から外へ出られることもありますが、手すりなどのつかまるところがありません。
掃き出し窓から地面まで45cmの段差があります。

改修後

モルタルで高さ15cm×2段の階段を設置し手すりを取り付けることで安定した昇降動作を確保できます。

寝室からトイレの動線

改修前

夜間トイレに行く回数が増え、眠気や低血圧による目眩でふらつきが起きやすく、転倒の危険性も高まります。

改修後

ふらつきによる転倒を予防する為、寝室からトイレまでの動線に手すりを設置しました。

介護保険における住宅改修費補助金の受給対象です

介護保険の住宅改修についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

お問合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
tel. 0984-33-3444 / fax. 0984-33-3445

引き戸への取替え工事について

福祉事業部の古藤です。
今回は介護保険の住宅改修で補助の対象となっている扉の変更について説明していきます。

なぜ、引き戸がいいの?

体の機能が衰えてくると動きが鈍くなり、ドアの開閉時に不安定になりやすく転倒の危険性が出てきます。また、ドアが開き戸であれば開閉時に体を後ろに下げる必要があるため、不安定になります。

その為、扉を開き戸から引き戸に変更することで、バランスを崩す事なく安全に出入りすることができるようにます。

引き戸へするメリット

  • ノブを回しながら前後に扉を動かすのではなく、戸を横にスライドさせるだけで開閉でき、楽に開け閉めができる。
  • 扉の開閉位置を好きな場所で止められるため車椅子でも移動がしやすい。
  • 室内引き戸は通気性がいいという特徴もあるため、室内引き戸は湿気が多いお風呂や脱衣所、水回りなど風通しをよくしたい部屋への設置がおすすめです。
  • 間取りによっては同時に開くと室内ドア(開き戸)同士がぶつかる、もしくは近距離になりすぎることがあります。そのような場合には、片方を室内引き戸にすることで室内ドア(開き戸)同士がぶつかる心配がなくなります。

介護保険対象

扉の変更については介護保険の対象となっています。

  • 開き戸から引き戸や折れ戸に取り替え
  • アコーディオンカーテン等への取替え
  • ドアノブの変更
  • 戸車の設置 など

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
Tel.0984-33-3444
Fax.0984-33-3445

<住改事例>段差の解消2022.2月

福祉事業部の古藤です。

今回、ご相談を頂いたお客様(要支援2:男性)は、変形性膝関節症の診断ががあり、また下肢筋力低下のため段差の昇降、立ち座り動作不安定です。

大きな段差を降りるときに、脚を強く床面に打ち付けてしまい、膝に負担があるばかりか転倒の危険性もあるため、玄関昇降や浴室の出入りトイレ環境を安全にしたいとの希望です。

<浴室>

段差の解消

ここは焚き風呂になっているため、薪を燃焼させるための火床のスペースも必要です。そのため、浴室の床面が32cmありました。

また、入り口には排水受け(6cm)がついています。ご本人様の要望でこれを撤去し、13cmの階段を1段設けました。

排水受けは洗身時に排水が階段の方に流れないように水を受け止めてくれるものです。この受けを外したことで、火床に水が慣れてしまうので、これをコーナーガードを代替しました。この受けも段差となってしまうのでイエローのような目立つ色にしました。

手すりの設置

段差に対して掴まるところがなく段差昇降が不安定な状態でした。今回ご提案した手すりは、マツ六株式会社のBAUHAUS32ステンアクアレールを両サイドに設置しました。

ステンアクアレールは水まわりだけではなく、階段や廊下で使用しても高級感のあるデザインです。また屋外用の樹脂巻手すり棒・オールステンパイプを使えば、屋外でもご使用になれます。

施工前

施工後

<玄関>

段差の解消

玄関段部はこれまで3段にて構成され、土間から居間への段差は66cmとかなり高めに作られています。

これを補助なしで昇り降りする事は大変難しい環境です。出入りに支障がでると外出が面倒となりこもりがちになってしまうという弊害も生じてしまいます。

均等な段差を構築するため、作り置きの踏み台をずらして13cmの段差を4段設置する事になりました。

手すりの設置

昇降動作を安定させるため両手すりを希望されました。今回は矢崎化工の両手すりステップ台4段を設置しました。矢崎化工の両手すりステップ台は自宅環境やご本人の体型に合わせてオーダーができます。

施工前

施工後

<トイレ>

手すりの設置

トイレは頻繁に利用される場所で、体の向きを変えたり座ったり、立ち上がったりと体の負担がかかりやす場所です。手すりを設置する事で身体への負担を軽減できる事ができます。

トイレ内の移動や立ち座りを負担なく行いたいとの事で手すりを設置しました。

施工前にトイレットペーパーホルダーが立ち上がりの際に手に干渉する事で伝えたのですが、これまで通りの場所を希望されましたのでそのまま手すりを設置しています。

施工前

施工後

介護保険における住宅改修費補助金の受給対象です

介護保険の住宅改修についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

お問合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
tel. 0984-33-3444 / fax. 0984-33-3445

<マツ六>BAUHAUS32ステンアクアレール

福祉事業部の古藤です。

マツ六株式会社のBAUHAUS32ステンアクアレールを設置しました。

ステンアクアレールは水まわりだけではなく、階段や廊下で使用しても高級感のあるデザインです。また屋外用の樹脂巻手すり棒・オールステンパイプを使えば、屋外でもご使用になれます。

介護保険における住宅改修費補助金の受給対象です

介護保険の住宅改修についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

お問合せ

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
tel. 0984-33-3444 / fax. 0984-33-3445

アプローチ手すり特集(施工事例)

福祉事業部の古藤です。

家屋の状況にて様々なアプローチがあります。屋外は自宅内とは違い雨天時や、氷が張る冬の、早朝は滑りやすく、転倒の危険性が高まります。今回はアプローチの手すり設置例のご紹介です。

玄関回り

階段から玄関まで支柱を立てて手すりを設置しました。途中、雨樋の排水パイプがあったので、パイプをかわしながら施工しています。

日本の住宅は床面の高さが地面より45cm高くしなくてはなりません(※)。そのため、どうしても玄関アプローチに段差ができてしまいます。麻痺がある方や下肢筋力が低下した方が利用するには手すりの活用をお勧めします。(他にも据え置きタイプのレンタルもあります。)

もともとの玄関の段差は2段でしたが、既存の階段もだいぶん傷んでいたため、利用者さんの状態を確認し、2段から3段へ階段を作り直し、手すりを設置しました。

雨が降るとタイル張りのスロープは滑りやすくなります。アプローチ手すりを設置することで、転倒のリスクを軽減することができます。

※ 日本の住宅の床の高さは建築基準法で定められています。地面からの水蒸気によって床や土台を腐食や害虫被害が発生することを防ぐためです。また、床下配管などの点検や調査をしやすくするため、床の高さを設けています。

道路から敷地のスロープ

スロープは、車いすや車両が通るには、いいのですが、歩いて通行するには、不安定になりがちです。

バリアフリーと呼ばれるスロープの勾配は12.5%と非常に緩やかな勾配ですが、そのためには、スロープ部分の長さ(距離)が必要となります。道路から玄関までの高さが、60cmあった場合は、スロープの長さが4.8mも必要になります。一般的に既存スロープは急勾配のものが多いため、手すりを付けることで安心して昇降することができます。(緩やかなスロープも手すりは必要です。)

お問い合せ

アプローチの手すりの設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

株式会社ライフサポート
宮崎県えびの市大河平4633-43
Tel.0984-33-3444

色々な段差解消方法

福祉事業部の古藤です。

段差解消とは、居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各客間の段差、及び玄関から道路までの通路等の段差又は傾斜を解消。具体的に敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、床のかさ上げ等になります。

歩行が困難な方にとって段差は歩行の妨げになり、また事故やケガの危険にも繋がります。段差は日常生活の至る場所にあるため、それぞれの場所にあった段差解消方法の知識が必要です。

今回は段差解消についてご紹介したいと思います。段差には主に「またぎ段差」と「単純段差」があります。

単純段差とは

片側だけに段差がある“段違い”の状態のことです。片側だけでなくても、部屋の床仕上面との段差が5mm以下の場合は単純段差と見なします。玄関の上がりかまちや敷居のほかに、掃き出し窓や浴室などにみられます。

またぎ段差とは

床面が凸になっていて、またぎ越す必要がある段差です。

段差解消工事事例

上がりかまちの段差解消工事

日本の家屋のほとんどは建築基準法により床下の通気を図って地面からの湿気を防ぎ、居住者の健康を守るため、原則として直下の地面から45cm以上高くするように決められています。
そのため、上がり框の段差は歩行の際の大きな障壁となっています。
玄関台を設置することによって、転倒の危険性を軽減させることができます。

ミニスロープの段差解消工事

廊下から各部屋に入る際に段差が生じ転倒の危険性を伴います。ミニスロープを設置する事で転倒の危険性を軽減できます。また歩行器や車椅子等の移動をスムーズに行う事もできます。(敷居を撤去をする際にも介護保険対象となります。)

写真の例ではまたぎ段差を単純段差に変える事で転倒の危険性を軽減できます。

廊下から各部屋に入る際、敷居の段差で転倒する危険性があります。廊下のかさ上げをして転倒の危険性が軽減できます。

段差を緩くする為の段差解消工事

一段の高さを低くしさらに一段増やす事で転倒の危険性を解消

アプローチをモルタルでかさ上げ

車椅子走行の際、石段や砂利道の段差により走行が困難となるため、段差解消工事でアプローチを作成。狭い場所ではスロープを設置できない場合段差解消機の設置する工事においても介護保険の対象となります。

今回の例は一部になりますが家屋の状況では様々な段差があります。

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。

Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445