トイレ手すりについて


福祉事業部の古藤です。
今回はトイレ手すりの有用性についてご紹介致します。

普段の生活を送る中で、トイレは頻繁に利用されます。体の向きを変えたり、座ったり、立ち上がったりと体の負担がかかりやすい場所です。体の不自由な方は大変な場所ですが手すりを設置することで、体の負担を和らげることができます。

トイレの手すりが設置されていない家庭では、タオル掛けや紙巻器など体重を支える機能を備えていない物に手を掛けてしまい、トラブルを起こす危険があります。床が滑るお風呂場と比べれば比較的事故率が少ないトイレですが、事例として、立ち上がる際に無意識に紙巻器へ手を掴んで壊してしまったなどのケースがありました。

出入り用手すり

トイレの出入りに使われる手すりは「出口用縦手すり」です。ドアの開閉や出入りの際は体のバランスが崩れやすく、転倒のおそれがあります。そこで出口用縦手すりを設置することで体を支えることができます。

L型手すり

縦型と横型の手すりをL字型に設置することで、要介護者の便器の立ち座りがとても楽になります。縦手すりは座る際と立ち上がる際に最適な機能、横手すりは姿勢維持を補助する最適な手すりです。
立ち上がった時に、体の前に手すりがあるように便器の先端から200から300mm程度が使いやすい場所になります。

正面の手すり

正面手すりの場合は、正面から壁までの距離が400mm以上ある場合に適しています。高さとしては床から750~800mmが目安です。


介護保険における住宅改修費の受給が可能です。
要支援・要介護認定を受けている方が、改装をしていただくと、「手すりの取り付け」に該当します。

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。
株式会社ライフサポート
えびの市大河平4633-43
Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445

浴室手すりについて

福祉事業部の古藤です。
今回は浴室の手すり環境についてご紹介します。

浴室は床が水に濡れており滑りやすく、段差もあるため家の中では大事故につながりやすい場所の1つです。とくに高齢になってくると体を動かしにくくなるため、危険度は増します。
そのため転びにくい「バリアフリー」の環境を整える必要がありますが、費用は決して安くありませんし、お湯を張った浴槽の出入いりにはどうしても段差を超える必要がでてきます。このときに便利なのが手すりになります。
今回は浴室の手すり設置について案内します。

ココにあると便利な3箇所

浴室の出入り口

ドアの開閉や出入りはバランスを崩しやすく、また、滑りやすい浴室への移動ということで支えとなる手すりがあると安心です。壁の両側に縦型のものを取り付けるのが基本で、とくに浴室側は入る際につかみやすいよう、入り口側に出っ張るオフセットタイプを選ぶと使いやすくなります。

壁(かべ)

洗い場は水に濡れて滑りやすいため、出入り口・洗い場・浴槽を相互に移動できるように横型の手すりを取り付けます。

浴槽(浴槽)


浴槽に入るとき、浴槽から出るときは「またぐ」動作が必要になります。この動作は体への負担が大きく、バランスも崩しやすいです。そのため手すりを取り付けて補助にすることを考えます。

介護保険が使えます

介護保険における住宅改修費補助金の受給が可能です。
要支援・要介護認定を受けている方が、住宅改修をすると、「手すりの取り付け」に該当します。

設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。
Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445

浴室用床シート「あんから」のご案内

福祉事業部の古藤です。
前回に引き続き浴室の環境について紹介します。
今回は浴室床用シートあんからです。



高齢者の日常生活事故は年々増加しており、転倒事故はその8割を占めています。中でも特に転倒しやすい場所としてあげられるのは浴室です。
浴槽に入るときや浴槽から出るときにバランスを崩しやすく、転倒することで骨折してそのまま寝たきりになる高齢者も少なくありません。ですので浴室の転倒防止を意識した住宅設計は重要な視点になります。

浴室床用シートあんからの主な特徴
・衝撃を吸収し磁気タイルよりも柔らかい




・石鹸水で濡れていても滑りく転倒を予防する防滑性




・断熱効果があり磁気タイルに比べ足裏の熱が奪われにくい




介護保険における住宅改修費補助金の受給が可能です。
要支援・要介護認定を受けている方が、あんからで浴室床の改装をしていただくと、「滑りにくい床材への変更」に該当します。

料金については浴室の広さで異なりますが、180cm×100cmほどで工事費込みで¥50,000円ほどになります。
設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。
Tel .0984-33-3444 Fax.0984-33-3445

〈キャンペーン〉“くっつ板”踏み台

玄関框(かまち)などの段差を解消するための踏み台を設置するお宅が増えました。私たちが訪問をしている時に「踏み台の下を掃除できたら…」という声をよくお聞きします。

掃除しやすいようにと前板を無くすと、その隙間に足先が引っかかりやすくなり、転倒の恐れもあります。そのため、前板付きが主流となっています。

前板がマグネットで外せます

今回はその踏み台を特価にてご提供いたします。介護保険住宅改修対象ですので、保険者へ事前に提出する書類が必要であるため、ご希望の方はまずご連絡くださいませ。

お問合せ

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、チラシ(注文書)に住所、お名前、電話番号を記入の上、Faxを送信してください。
電話番号:0984-33-3444 / Fax番号:0984-33-3445

女性としてのたしなみ…

今日、某施設をお訪ねした時に入浴を終えた女性のご利用者がエアコンの効いていない場所の椅子に座られてました。
今日も暑い日でしたので思わず
「お暑くないですか?あちらの方、涼しかったですよ」
と声をおかけたのですが、そのご利用者が
「いえね、人前でするのは恥ずかしいでしょ」
と微笑みながら手提げから化粧水と白粉を取り出されました。

image

“あぁ~忘れてはいけない女性のたしなみだぁ~”

人前、人混み、電車の中などどこでも化粧直しを平気でする女性が多い昨今…
いつまでもいつまでもこのような”たしなみ”は忘れてはいけないなぁ~と敬する気持ちでいっぱいになりました。

という思いを抱いたはずなのに、今日はその後に住宅改修工事にはいり

image

image

汗だくとなり、夕方、素っぴんに近い姿で事務所に戻った私です(*ToT)
女性として、あのご利用者からすると、まだまだ青い(苦笑)

住宅改修図面

福祉事業部の田島です。
ここ数日、、、毎日のように図面を作成してます。なんだか目がチカチカ(*~*。)CAD図面

住宅改修は事前の書類が重要で多い・・・

それでもって・・・工事まで担当します。

と言いましても、インパクトドライバーなどの優秀な電動工具がありますので、女性の私でも工事できます。←別に私がか弱いと言いたい訳ではないのです(笑)
現代はDIY女子が増えているそうですから、特別に凄いことでもない。普通・・・ですね。

さ、手を休めず、完成後のご利用者様の笑顔、安全な動作を思い浮かべながら、図面に集中。

住宅改修工事

福祉事業部の田島です。
今日は工事に入ります。

image

完成後に利用者様より
『ありがとう。綺麗になって~これで転ばずに安心できる』
と言われるとまた次の仕事にも張り合いがでます。
汗はまだかく季節ではありませんが、汗かくつもりでやってきます!

住宅改修~屋外手すり設置

雨続きでなかなか進まななかった玄関屋外手すりを設置しました。

image

今回は、利用者様の玄関先より先の庭に歩行器で一人で散歩に行きたい!という思いから、玄関内から歩行器でそのまま移動できるようにと、まずスロープを作りました。
そこに病院受診やデイケア利用時に横からの一人介助で手すりを使い移動できるように、屋外用の手すりを埋め込み立ち上げています。

手すりにインパクトドライバーでビス止めしていると、利用者様が
「あぁ~これで庭に行けるね。梅雨が明けるのが楽しみでしょうがない」
と、とても喜んでくださいました。

住宅改修…手すり1本でも住環境を整えると言うことは、その方の不安を解消し活動意欲が増すことで自立した生活の出来る手段のひとつ。
沢山の方の笑顔が見れるようにこれからも工具と向き合うゾ~(p^-^)p (笑)