彩食便 リヒートウォーマーの活用

彩食便の加熱方法は、湯せん、スチームコンベクション、リヒートウォーマーなど使用することができます。リヒートウォーマーを使用することで得られるメリットをご紹介します。

1.オペレーションが簡単なので厨房スタッフの離職率が下がった。

弊社でも人員不足に悩まされてきました。通常の食事提供は、下処理⇒調理⇒盛付け⇒提供⇒片付けという工程を朝、昼、夕と続けていかなければなりません。一番忙しくなるのは調理後からの盛付の時間帯です。利用者の人数が多ければ多いほど、調理後から喫食までの時間がかかってしまいます。保温食器や温冷配膳車を使用できれば、料理が冷めてしまうという事もありませんが、そうでない場合は冷めてしまいます。

ニュークックチルでは、加熱前の料理を先に皿に盛り付けます。下処理と調理がなくなるので、基本的には盛付け⇒提供⇒片付けとなります。前もっての盛り付けとなるため、空いている時間帯を有効に活用するので、昼食後から夕食までの時間帯は、翌朝の分まで盛り付けていきます。(盛り付けた料理は一旦、冷蔵庫に保管します)

オペレーションが単純になったことで、下処理や調理といった作業の軽減だけでもスタッフの長期雇用も可能になるのではないでしょうか?

2.朝の出勤時間が遅くなった。

冬の朝は、暗くて寒くて辛いものです。ニュークックチルは、人に代わって調理(再加熱)をしてくれるので、調理スタッフがいなくても働いてくれます。ただ、ご飯やお味噌汁などはスタッフが準備しなければなりません。

冬の朝は、暗くて寒くて辛いものです。ニュークックチルは、人に代わって調理(再加熱)をしてくれるので、調理スタッフがいなくても働いてくれます。ただ、ご飯やお味噌汁などはスタッフが準備しなければなりません。

朝食が8時提供であってもご飯と汁物の調理けだけなので、7時前後の出勤が可能となります。

3.結果として労務費が削減した。

厨房の仕事は、忙しい時間帯とそうでない時間帯があります。ニュークックチルは空いている時間帯に盛り付けをするので、作業の平準化ができるようになります。そのため料理に左右されずに準備ができるので日々のシフトが組みやすくなり、時間配分が計算することにより無駄な時間を省くことができます。

その結果、全体的な労務費は減少します。リヒートウォーマーを導入するにはそれなりのコストがかかりますが、削減できる労務費と比較すると圧倒的にリヒートウォーマーを導入したほうがパフォーマンスが良いと思います。

また、彩食便を使う事で、食材の注文する時間や作業も取り除くことができます。献立から材料を拾い出し、青果、魚肉類、日配品などの発注作業や、スーパーへ買い出しに行く手間も省くことができます。間接的な作業ですが、これらも大変重要で手間のかかる作業となります。

リヒートウォーマーの使い方

画像のリヒートウォーマーの大きさは家庭用冷蔵庫ぐらいの大きさです。電源を入れると3℃のチルド状態を維持し、時間設定により加熱を開始します。例えば朝食提供の場合、7時に再加熱するようにしておきます。7時40分には、中に入ってる料理は熱々に出来上がります。(加熱開始時間の設定は、朝食、昼食、夕食をそれぞれセットできます。)

リヒートウォーマーを導入することで、ニュークックチルという食事提供が可能となり、その効果は人手不足の解消と労働負担の軽減につながります。

ニュークックチルとは

料理を食器に盛り付けた状態でリヒートウォーマーにセットするだけで、冷蔵保存後に自動で再加熱運転を行います。

タイムシフト(例)

30床規模の一般的な勤務形態

買出しや発注作業については省略しています。

ニュークックチルにした場合①

1日当たり4時間の労働時間の削減が可能。(年間1460時間≒0.7人分:2080時間/年間勤務として計算)
仮に時給800円とすると116万円の削減が可能です。短時間勤務が希望の厨房スタッフ3名で運営できます。

ニュークックチルにした場合②

どうしても厨房スタッフが集まらない場合や、厨房スタッフの雇用時間を確保する必要がある場合は、厨房スタッフ2名と介護スタッフが2時間/1日お手伝いできれば、1人で運営も可能です。

介護スタッフが行う仕事は、朝食のご飯のスイッチを入れる(ガス窯の場合)、お味噌汁の調理を行う事です。(彩食便ではオプションで、汁具材も販売しています。)
夕方は食器の洗浄と翌朝の料理をリヒートウォーマーにセットします。


事 例

実際に弊社でもリヒートウォーマーを活用しニュークックチルでの食事の提供を行っております。

  • ショートステイ20床、デイサービス定員25名の施設では、10.5時間での人員配置。(中度者~重度者)
  • 30床の特定施設は10時間での人員配置。(軽度者~中度者)

実際には既存設備や形態食の種類や提供人数等も考慮しながら、タイムシフトを検討していきます。上記2施設のタイムシフトは違うものとなっており、行われている作業は同じですが、現場の状況によって手を加えております。

ご不明な点やリヒートウォーマーの活用方法についてもっと知りたい方は是非お問合せ下さい。

彩食便の介護食

彩食便には介護食という食事形態があります。これはキザミ食やミキサー食など咀嚼や嚥下機能が低下した方を対象としています。

彩食便の食事形態ラインナップは、常食、極キザミ食、ミキサー食です。

常 食

極キザミ食

ミキサー食

キザミ食は、食材によってはパサつきが出ることがあり、口腔内に食物が残ってしまい誤嚥を引き起こす原因になることがあります。キザミ食をまとまりやすくするためにトロミ剤や増粘剤などを使用し、口に入れた時に食物がまとまるような工夫をしています。

時短調理に彩食便!

厨房では日々、常食にはじまり一口大や粗キザミ、極キザミ、ミキサー、ソフト食など一つの料理を形態別にして食事提供をしています。キザミ食やミキサー食についてもプロセッサーやミキサーを使用し、食材の度に洗浄してなければならないので、意外と時間がかかる作業となります。

作業の効率化、時短作業に彩食便をお試しください。

ホームページのリダイレクト

ホームページを移設したり、サーバーを変更したりした時に、ホームページのURLアドレスが変わってしまいます。しかし、最近は会社のホームページのアドレスをQRコードにして会社の封筒や名刺に印刷している方も多いと思います。

そこで、今までのアドレス(旧サイト)にアクセスしても新しいサイト(新サイト)に勝手に飛ぶように設定が必要です。これをリダイレクトと言います。

と言うことで、備忘録も兼ねて簡単に記録します。

ライフサポートでは、今まで彩食便のサイトアドレスは”e-lifesupport.com/saishokubin”(旧サイト)でしたが、彩食便のページを移設したため、新しいアドレスは”saishokubin.e-lifesupportt.com”(新サイト)となりました。少し難しいですが、今までのサイトではディレクトリ扱いしていたものを、別物のサブドメインを立ち上げたのです。なぜこのようにしたのかというと、画像やコンテンツが増えてくると別々にした方が管理しやすくなるのです。

QRコードは旧サイトで発行しているため、スマホなどでアクセスすると404エラー(not found)が出てしまい新しいサイトに飛んでくれません。ホームページを正しく表示するためにリダイレクトを設定してあげなければなりません。リダイレクトには大別すると2つあります。

301リダイレクト

  • 古いページから新しいページに「永久的に」転送し続ける
  • サーバーやサイトを完全に引っ越した場合などに使う
  • すぐに変更されるわけではない

302リダイレクト

  • 古いページから新しいページに「一時的に」転送する
  • メンテナンス中の画面表示の時に使う

設定方法ですが、一般的には.htaccessやhtmlのmeta refreshタグに追記したり、wordpressを使っていればプラグインでの設定を行っていくのですが、この辺は難しいので飛ばしますね。

今回は、彩食便のアドレスが変わっているため301リダイレクトでの設定です。会社で契約しているサーバーのコントロールパネルでリダイレクトの設定ができたため、そちらで対応しました。設定は旧サイトにアクセスあったら新サイトに飛ぶよう新旧のアドレスを入力するだけでした。簡単でした。

ただ、この更新が反映されるまで24時間程度かかるのですぐにテストはできないのですが、今日の夕方に試してみたらうまくいきました!

2021年マスターズ

とうとうやってくれました!
祝!!松山英樹プロが念願のメジャータイトル取りました。4月8日から開催された、マスターズ(ジョージア州オーガスタ・インターナショナル・ゴルフクラブ)で優勝しましたーーー!

4大メジャー大会は日本では深夜に放映されるため、今まではなかなか観れてなかったのですが、今回は珍しく録画もしつつ観てました。(何かあるんじゃないかなと思ってたんだよ(-。-)y-゜゜゜ 月曜日の朝は、深夜3時に起きてですよ。他の日も5時には起きて見てました…。)

特に終盤のサンデーバックナイン(最後の9H)はハラハラドキドキで、11Hから13Hは、お祈りしないとホールアウトできないと言われるぐらい難しいアーメンコーナーに入ってからは、こっちも一喜一憂するぐらい興奮しましたね。「頼む入れてくれ!」って、私がお祈りしてました(笑)

さすが、アメリカのPGAツアーを10年やってきただけあって、17Hティーショットはドローを打ち、18Hはフェードを打つなど最後まで落ち着き払ってましたよね。

4打差で折り返して、私なら守りに入ると思ってましたが、松山選手は最後まで攻め抜いて優勝を勝ち取ってくれました。応援していた私が逆に「守るな!攻めろ!」と勇気をもらった気がしました。

松山選手は、マスターズ開催期間中もラウンド後に居残りして本当によく練習していたそうです。普段からもたくさんの時間を練習に充てているほどの努力家だそうです。見習わなければと思いつつも、今回のマスターズは本当にエキサイティングで良い試合でした。

これで、日本のゴルフ界が盛り上がっていきますね。

マスターズ tips

  • 救聖ボビー・ジョーンズ設計の1932年開設のプライベートコース。
  • オーガスタは世界中に300名ほどの会員がいるが、プレーをするには会員とその同伴者、またはマスターズの運営ボランティアしか回れない。会員希望者はたくさんいるが、数十年待たないと会員になれないらしい。(どなたが、会員の方ご存じじゃないですか?)
  • マスターズでは、かつて会員が資金援助を行って大会運営に関わったことがあり、また入場料が賞金の一部になるため、観客の事をギャラリーとは言わずパトロン(支援者)と言う。
  • パトロンになるには、パトロンの権利を持っている人と貸借契約を結んで観戦バッジを借りて入場しなければならない(バッジは要返却、観戦ツアーがあるらしい)
  • パトロンにもマナーが求められる(持ち物制限があったり、キャップの被り方など結構きびしいようです)
  • マスターズに出場する選手は招待制でその資格を満たすものしか出場できない「ゴルフの祭典」からマスターが集まる競技でマスターズと大会名がついている。今までも日本人プロも参戦して来たが、優勝の壁は厚く高かった。
  • 他のメジャーは毎年コースが変わるが、マスターズは毎年オーガスタで開催される。

マスターズに優勝すると・・・

  • オーガスタの名誉会員となり、マスターズの生涯出場権が与えられる。
  • グリーンジャケットが贈られるが、ジャケットはクラブのロッカーにしまわれ、大会期間中だけ着用することができる。(優勝年は持ち出しできたかな?)
  • 優勝者は翌年のマスターズ開催前にホストとなり往年の優勝者にチャンピオンズディナーを振る舞わなければならない。(これはプレッシャーですね)

外国人技能実習生の受入準備と感じたこと

ベトナムから来た外国人技能実習生の1期生と2期生は当社のセントラルキッチン、サテライトキッチンで働いています。彼女達を受け入れるために準備したことや感じたことをレポートしてみます。

技能実習の目的は、日本で技能を習得し、帰国後にその技術を使って就業することを目的としています。厳密に言うと労働者ではなく実習生なんです。しかし、人材不足での雇用であったり、日本の労働法規がそのまま適用されるので労働者という側面も持ち合わせています。

実習生の評価

彼女たちの仕事ぶりですが、今のところ大満足です。

  • 学ぼうという姿勢が見える。
  • 何事もチャレンジする。
  • 休まないし、遅刻もしない(当たり前だけど)
  • 覚えた仕事の作業スピードが速い

厨房スタッフは介護職員と同様に人材不足と言われています。当社でも新卒や中途採用での入社も以前と比べて激減しています。また、現場スタッフの平均年齢は上がっており定年や病気による退職などあり、人材の確保には大変苦労しています。そして最近は特に若手の就職希望者が少なくなったと感じています。

文化の違うベトナム人が、日本に来てすぐに日本の料理を調理できるとは思いませんが、作業内容の見直しやマニュアルの整備を行うことで、業務に支障なく戦力になれる人材に代わります。

マニュアル整備

当社では、マニュアルや連絡伝達の為だけに、専用のホームページを立ち上げました。職員一人一人にパスワードを与えているため、完全にクローズドなサイトとなってます。また、実習生はスマホを持っており、wifiが使える環境であれば、マニュアルを見ることができます。

一般的にマニュアルを作成しても形骸化してしまい、更新頻度も減ってしまいがちですが、当社では問題が発生した場合やオペレーションが変更した場合などにマニュアルを変更するようにしています。
(数年前までは、紙を印刷しファイルに保管。大切なことは掲示するという事をやってました。なかなか更新されません…)

勤務表や業務連絡などもホームページに載せているため、ほぼ全員がマニュアルを見るようになりました。マニュアルの基本的な部分についてはベトナム後を併記していますが、新卒や中途採用者にも効果的です。

他にも調理機器のマニュアルをPDFでダウンロードできるようにしていたりしてるので、機械が動かなくなっても現場でスマホを開いてマニュアル確認してエラーコードなども確認できるようにしています。

マニュアルの抜粋です。

業務のフォロー体制の構築

日本語を正しく理解できないと、現場での業務判断はできません。そこで判断が必要な業務については日本人スタッフが対応します。判断後は実習生に指示を出して作業をすることになります。施設名や人名などの漢字を読むことは難しく、また、どういう料理を作るのか分からないことがあるので、勝手に判断しないよう注意しながら作業を行ってもらいます。

例えば、

  • 下処理工程では野菜や日配品、肉などのカット指示を日本人スタッフが出し、最初のカットまでを確認します。
  • 加熱調理工程では揚物調理や、回転釜での作業を担います。日本人スタッフは味付けを行ったり、火から上げるタイミングを計ります。
  • 包装作業では日本人スタッフが分量や個数を指示し袋詰めしていきます。

このような作業を担ってくれる事で、日本人スタッフは作業から離れることができ、次の調理工程の準備や翌日の段取りをすることができるようになります。

最後に

当社に来ている実習生は6名いますが非常にまじめです。当初は日本人スタッフも構えてましたが、挨拶をきちんとすることや仕事に取り組む姿勢であったり、動きなども良いので、すぐに受け入れられました。コミュニケーションも良く取れており、頼りにされています。

配属当初は、初めての海外に移住し、仕事をするという事で緊張感もあったようですが、若いせいか環境に順応するのも早いように感じます。

今回は、惣菜業についてレポートしましたが、次回は介護についてレポートをしていきたいと思います。

ゴルフヘッドカバー

先日、ゴルフのドライバーカバーを変えました!

同じブランドのドライバーは型番や形は違えどヘッドカバーの見た目は同じなんですよね。ラウンドしている時に同じカバーをしているとティーグランドで間違えることもあるため、カバーを変えたんです。
これのキーホルダーをキャリーバッグにつけてたので、同じキャラクターのヘッドカバーを探して購入。

そう、ひつじのショーン。かわいいでしょ

遠くで自分のキャリーバッグを探すときなど、人とは違ったカバーも良いかなとは思ったんですけどねぇ。大きすぎて邪魔でしたね。いかんせんクラブの出し入れが大変だったり、雨の日のプレーは濡れてグッチョグチョになったり…。

2R使ってみましたが、結局外しっぱなしだったので意味ないかと。
家に飾っておきます。

ベトナム介護系日本語学校(ZOOM視察)

コロナ禍の影響でなかなかベトナムに行けないため、ZOOMで介護系の日本語学校の視察を行いました。この学校からは昨年の3月に視察に来てほしいと打診を受けてたのですが、なかなか行けないためZOOMでの視察になりました。(コロナめー)

この日本語学校はハノイにあります。私がお世話になってる日本語学校の親会社が経営している介護系の日本語学校です。
ZOOMを使って都城、ハノイ、ダナンと3か所をつないでの視察でした。

結論から言うと「非常に良いです。」しかもこの学校では日本人の先生が常駐しているため、日本人の普通の会話は聞き取れてるレベルです。ジャカルタの時も感じましたが、日本人の先生がいる所の学校は、やっぱり、日本語のレベルが高いです。

また、外部講師として日本人の介護士が週に2回講義に来て介護技術を教えているそうです。ただし、実習等の経験がないので即戦力とは行かないものの、入国後に教えれば習得は早いのではないかと感じました。

という事で、早速オンラインでの面接をお願いしました。早ければ年内の配属になると思います。

技能実習生 2期生配属

2月11日にようやく2期生が配属となりました。が、コロナの影響により予定から約半年遅れでの配属となりました。しかしながら、入国後に大阪に1か月滞在となっていたため、都城市のアパートに2週間隔離となりました。(組合の方が毎朝の検温確認していただいてました。)

2月24日に正式配属となり、転入手続きに銀行口座の作成、日用品と食材の買い出しです。

今回は1期生が通訳係になってもらい、非常に助かりました。1期生の日本語のレベルは高いですね。2期生も続いてほしいものです。

オゾン発生装置のご案内

弊社で取り扱いをしている感染症予防対策商品を一つのページにまとめました。
是非ご参照いただきご検討ください。感染症対策商品のページはこちらから

オゾン発生装置

今回、私が注目しているのはオゾン発生装置です。コロナ禍においては感染症予防というものを例年よりも強く意識されて取り組まれている施設様もあるのではないでしょうか。

オゾン発生装置は、20年ほど前からありましたが、値段も高く取り扱い方法も難しいものが多くありました。また、ライフサポートでも以前は自社で取り扱うレンタル商品の消毒にオゾンを使用していました。

食品を扱う製造業においても落下菌の除菌や真菌(カビ)防止に使用されていたりオゾン水を使って食材の洗浄・除菌に使っているほどポピュラーになってきました。

ウイルスなどに効く!

オゾン発生器で効果のあるウイルスはコロナウイルスだけでなく、インフルエンザやノロウイルス、O-157、カビなどのウイルスや細菌を無害化してくれます。次亜塩素酸水なども効果がありますが、次亜水は壁などの拭き取り作業が必要となり大変な労力が必要です。
5月に奈良県立医科大学によりコロナウイルスを不活性化するというレポートが出されました。

オゾンクラスター1400

オゾン発生装置の上位機種です。

宿泊施設や自動車関連、食品工場、医療機関での使用実績が多い製品です。また、コロナ禍に置いてはプロサッカーチームが導入したことで有名ですね。

オゾンクルーラー、エアネス

今回、感染対策商品でご紹介したオゾン発生装置は、有人空間でも使用することができる商品です。新型コロナウイルスやインフルエンザの予防のために購入された施設様も多いと思います。施設の玄関や共同トイレ、更衣室、休憩室、会議室など人が集まる空間で使う場面は色々とありそうです。

また、自宅においても「生活臭」、「水回りのカビ臭」、「部屋干しのニオイ」、「タバコ臭」、「ペットのニオイ」にも効果があります。芳香剤などでごまかさない消臭を実現してくれます。