玄関手すりについて

福祉事業部の古藤です。

玄関は外出の時に必ず通る場所ですが、日本家屋においては、家の中と外を分ける玄関は大きな段差になっている事が多く、衰えた体力で体重を支えるためには支えが必要です。また使いにくい玄関は外出が面倒となり家にこもりがちになってしまうという弊害が生じてしまいます。

手すりを設置するメリット

  • 階段などでつまずいた時、滑りそうになった時に手すりがあればつかまる事ができるので、思わぬ事故を防ぐ事ができます。
  • 靴を脱ぎ履ぎする際つま先立ちをしたり、体態勢がくずれる瞬間があるため、手すりにつかまって身体を支える事ができます。
  • 手すりを使うことで身体を支えるため、身体への負担軽減になります。
  • 用途は違いますが、手すりには耐荷重性があるため靴を脱ぐ間は荷物を手すりにかける事ができ、かがんで荷物を持ち上げる必要がありません。

手すりの設置は家内外への移動負担を軽減する事ができます。とくに玄関は段差があり身体への負担が大きいため、手すりを設置する事で疲れの蓄積を防ぎ、老後の生活や来客の負担を小さくする事ができます。

手すりには様々な種類があります。設置をお考えの方、話だけでも聞いてみたい方、ご相談だけでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ

弊社スタッフへ直接お問い合わせいただくか、下記へご連絡ください。

Tel.0984-33-3444 Fax.0984-33-3445