焚き火台 monorail

先日のキャンプで友人がsnowpeakの焚き火台を八王子のワイルド1で購入した時に以前から目を付けてたmonorailの焚き火台Wireframe 発見!!(初日で買わなかったもののキャンプの帰りに買ってしまいました)

この焚き火台は、軽量かつスタイリッシュ。持ち運びも便利。片手に収まるほどコンパクトです。

20140106-005901.jpg
組み立てるとこんな感じ
20140106-005955.jpg
さらにオプションの五徳を装着するとクッカーが置けるという優れもの。ダッチオーブンもいけるんだって。
20140106-010130.jpg
それで、東京から帰ってきてから早速の火入れをしました。

20140106-010456.jpg
30分程ぼーっと日を眺めてました。
それで焼いた後がこんな感じ。

20140106-010834.jpg
火床が布なのに焦げただけ。一応消耗品らしく50時間から100時間で交換らしいです。他にも火床がステンレスメッシュもあるらしいです。
布製の火床はジンワリしたい時に使用して、メッシュは空気を吸い上げるためバンバン燃やしたい時に使用するみたいです。

ホームページはこちらWireflame monoral

One Reply to “焚き火台 monorail”

  1. 焚き火台といっても色々なタイプ、特徴があって、次回のキャンプ本番で使うのが楽しみですね(^w^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください