再加熱機 リヒートウォーマーキャビネット

彩食便は湯煎やスチームコンベクションオーブンで再加熱して提供することができます。商品を加熱した後に中心温度を確認して盛付けを行なっていきます。

しかし、私のオススメは再加熱機を使用したニュークックチルの導入です。通常は冷蔵状態にある再加熱機ですが、設定された時間にスイッチが切り替わり温度が上昇し加熱が始まります。つまり、夕方盛り付けた物が朝食前には熱々に加熱されるというものです。さらに朝出勤する職員は、ご飯やお粥、味噌汁を作るだけでいいんです。前日の盛付け作業を平準化する事で翌日の準備もできてしまうんです。時間と労力を軽減することができますね。

医療機関や福祉施設の厨房の朝は早いですよね。だいたいは早番は6時出勤でしょうか?早い所では5時出勤しているところもあると聞いています。しかもこれを休みなく毎日続けなければなりません。

私たちは再加熱機を使って8年前から導入しニュークックチルに移行していきました。再加熱機を導入したきっかけは厨房スタッフの労務負担の軽減が図れるという噂からでした。自分なりに1日のタイムスケジュールを検証しシフトを見直し、作業をイメージしての導入決定でした。

その当時は導入施設が周りにはなかったため試行錯誤の連続でした。再加熱機に合わせて食材や料理を変えてみたり、やらなくていいことまでやってみたり、、、。

結果としてはニュークックチルを導入して正解だったと思います。

そして今月20日にさくら苑新館の再加熱カート2台の更新に際してリヒートウォーマーキャビネットと新たに冷蔵庫を1台ずつ設置しました。リヒートウォーマーは別の施設で使っているので使用感は分かっています。今まで使用していた再加熱機よりもリヒートウォーマーの方が彩食便の再現性が高いのでこれからが楽しみです。

再加熱機を使うことで8時の食事提供に対し、職員の7時出勤が可能となります。7時出勤だと職員の負担は相当軽減されますよね。また弊社の遅番勤務は、18時で帰ることができます。これも作業を分散しているからできるんです。

ニュークックチルを行うには初期投資がかかりますが、人件費等を考慮すると数年で元は取れるんではないでしょうか?メーカーとも話したのですが宮崎県や鹿児島県では再加熱機の導入率が低いようです。

昨今、厨房職員の人材は不足しています。人材不足を解消するために再加熱機の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

近くの方は弊社にあるリヒートウォーマーの見学もできますので、その際はお問合せください。

下は牛丼の刻みと上は温菜です。

ニチワ電気 リヒートウォーマーキャビネット

「明けまして」みたら大変だった

明けましておめでとうございます。

平成28年開幕しました。開幕と同時にマイナンバー制度も始まりました。マイナンバー制度の本来の目的は行政手続きを円滑にすることと脱税抑制だと理解してました。昨年から色々な場面でマイナンバーを身分証明として使えると噂されてましたが、いまいち使い方がよく分かりません。事業所は顧客や従業員のマイナンバーを厳格に管理するよう求められてます。業務によっては利用者のマイナンバーでさえ控えたりコピーするのも制限されてます。また従業員のマイナンバーの管理場所は鍵のかかるところらしいです。管理方法を違反すると刑事罰が待ってます。

今月から証券会社に新たにNISA口座、特定口座等を開設する時や住所を変更した場合には、マイナンバーの提示が必要となりました。ということは証券会社にマイナンバーが記録として残るわけです。また、交通違反したときに免許証を提示し警察では免許番号を控えます。恐らくマイナンバーを提示した場合は切符に控えられると思います。しかし、介護福祉ではマイナンバーを控える事はダメみたいです。(マイナンバーに対する私の認識違いかもしれませんが。)

介護福祉の世界では様々な申請書についてはマイナンバーが必要となりますが、控えを取ったりメモを残すことも憚れます。しかし、直接行政窓口に行けない利用者に代わってケアマネジャーなどは介護保険にかかる種々の申請代行をするのですが、(今のところ)利用者のマイナンバーの提示を求められます。管理を厳格にしているためケアマネジャーもマイナンバーを預かるのを躊躇してしまいます。預かり証を作ってマイナンバー(コピーを含む)を借りて、その日のうちにマイナンバーを返却しなければなりません。今までなかった委任状を新たにもらったり・・・。今のところ確実に余計な手間は増えています。

楽するためにマイナンバーを導入したはずが、手間だけが増えてます。こんな状況であれば、他人のマイナンバーなんて預かりたくありません。身分証明として使用するのであればマイナンバーを控えるのが当たり前なのに、それが控えられなかったり、それを厳格に管理するなんて・・・(普通の管理じゃいけないの?)。介護保険の被保険者番号もやめてマイナンバーにすればいいのに。非効率的な手間が増えるのであれば、この制度は失敗なんでしょうね。国を含め行政機関の説明が足りていないと思います。

私の考えでは、マイナンバーを身分証明とするならば、どんどん活用すべきだと思ってます。また、他人の管理なんでどうでもいい話です。逆にマイナンバーによって被害がでるような制度設計にする方が問題でしょ?絶対に手間がかかってはいけない制度だと思います。社会保障と金融、税務などを管理しようとするからおかしくなるんじゃない?表向きは行政活動の円滑化と言われてるけど、真の理由は税金徴収ではないでしょうか?

あと、「パソコンでマイナンバーの管理をどうしてますか?」みたいな営業が良く来ますが少しだけイラっとします。意味あるのそれ?

マイナちゃん(?)

 

 

なんだこのキャラ。いるのか?そういえば警察にもいたなピーポくん。

サイボウズKintone

忙しさは相変わらずですが、最近、営業スタッフが入ってくれて少しだけゆとりができたので全体の業務見直しを行っているところです。

今まで、業務を円滑に遂行するために情報をスタッフ間でどのように共有できるかをズーッと考えていました。

メールから始まり、セールスフォースチャター、サイボウズ、ライン、挙句にはレンタルサーバーを借りてMySQLを使ったphpなども勉強して後少しというところで現場に出なくてはいけなくなり挫折したりと、今一しっくりこなかったんです。が、この度、新しいツール見つけちゃいました。

ライフサポートと公佑会の事務管理部門ではサイボウズのofficeというグループウェアを使って情報共有を行っているのですが、なかなかうまく使いこなせずにいました。
例えば、スケジュール管理については、業務直結しているため私の作った業務アプリを中心に使っています。個人的には備忘録としてgoogleカレンダーも併用しています。ここにきてサイボウズのカレンダーを使用すれば3か所に打ち込む必要があり、非常に煩雑で入力ミスも併発します。

業務連絡はラインとサイボウズのカスタムアプリというものを使用していますが、これまた、つまらん制限があるため、だましながら使っています。電話メモ程度はラインで十分です。

そこで何とかならんかとサイボウズのオフィス(クラウド版)をいじっていたら、Kintone(キントーン)という業務支援があるとのことで30日間の無料試用をしています。
簡単に言うと、業務で使用するエクセルをそのままクラウド化してくれるらしいです。なので、外出してても決済できるし、情報も引き出せます。イメージつきにくそうですが、、、
ただ、これも少し中途半端です。
SQLでいうところのselect where句は使用できます。エクセルで言うところのルックアップ?まぁ、ルックアップができれば少しはいじりがいがあります。

サポートに聞きながら試行錯誤して部署毎に複数のアプリを作成してみましたが、率直な感想として、そんなに悪くないですよ。ただアクションが少し多いかな?

私の場合、公佑会とライフサポートの2つの法人の情報を共有する必要があり現場の決済事項などをすぐに出来ないものかと思案しているところでした。kintoneの携帯アプリも使いやすいかな?kunaiが酷すぎたとも言えますがwww

基本業務についてはこれでいいかもなと思ってる次第です。

試用期間が後2日しか無いのでそろそろ評価しようかなと思ってまする。